読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

how come you can't see me

寝ても覚めてもキムジェジュン

夜眠る時に聴く音楽の話

 

 


昨日(今日)ふと考えたので書いてみる。
すっげーーしょうもないから読んでくれた人には記念品贈呈。

 

寝る時に音楽を聞く人は結構多いと私は勝手に思い込んでいる。

かくいう私もそのうちの1人で、iPhoneのタイマーをかけて睡眠用という名前のバラードばかりが並ぶプレイリストをかけて眠る。

ここで私的に問題なのが私は眠りにつくのがとても早いのかもしれない。ということ。

Kissしたまま、さよなら という名曲をご存知だろうか。まあ知ってるでしょう。知ってるよね?知ってるんだぁ(キムジェジュン4段活用)

 

私はあの曲がそれはそれは大好きで、睡眠用プレイリストをかける際にはいつも一番最初に流している。

 

だが

 

先述したとおり、私は寝よう!と思い立ってから眠りにつくまでの時間が異様に短い。
どれくらい短いかと言うと1サビの頃には既にうとうとし始め、一番大好きなラスサビ後のジェジュンたまパート「Kissしたままーーーーーさーーよーーなーーらーーーーーー」というパートの頃にはもうとっくに夢の彼方なのである。
一番聴きたいのはそこなのに。

 


医学的に音楽(歌詞あり)を聴きながら眠ることは推奨されていないらしい。憤怒。
なぜかと言うと無意識下で歌詞を追ってしまうから脳が休まらない眠れない、というのだ。
開始1分でうとうとしている私の身体はどうかしているみたいだ。もしかしたら日本語能力が著しく乏しいのかもしれない。
今ならキムジェジュンと対等に会話ができそうだ。

 


こんなことを言っているが私は元々夜に眠れないタイプで。
多分ずっと深夜に活動してきたからこんな口からクソでそう(時事ネタ)な文章しか書けないのではないかと思う。
だからキムジェジュンの夜眠れない論理にはスタンディングオベーションをかました。それな!私も眠れないんだ!ってね。

 


ずっと明日が来るのが怖かったのだ。
かの明日は来るからという曲は私にとって恐怖の材料でしかなかった。
眠れば明日が来てしまうけど眠らずに起きていても明日が来てしまうということがずっと怖かったのだ。馬鹿だ。

 


キムジェジュン氏の眠れないっていう話を聞いてああ別に眠らなくてもいいんだと思うと不思議と眠れるようになった。

 

多分キムジェジュンって宗教だ。

 

ほんとにキムジェジュンは宗教だと思っている。
ななにゃん氏ともキムジェジュン教ミサを開くべきでは??と討論が繰り広げられている。

やんちゃだったのに気づいたら悟り開いてて心から驚いた。聖母マリアが見えた。

 


めっちゃ話がそれたが、これだけ素晴らしい歌詞の曲聴いて寝てたら寝言も凄いのでは?と思い(?)寝言録音アプリを使って寝言の採取にでた。
結果から言うと3日間ほど計測したのだが一向に私の口から出ない寝言。
延々と続く寝息。

 

驚くほどおもしろみがなかった。
私の人生ってなんておもしろみがないんだろうと今自己嫌悪に浸っている。

 

 

まあ、先程のような医学的ななんちゃらがあっても私は音楽聴きながら眠ることをやめないだろう。
キムジェジュンの声を聴いて眠るのが脳はともかく己にとっては一番リラックスできるから。

 

 

ところでたまたま雑誌で見かけたのだがNCTのユウタくんとやらは毎日寝る時にBeginを聴いているらしい。たしかにいい曲。

 

 

おやすみ世界。